つるんとNAVI

フォトrf、ピコレーザー治療後の毛穴の開き、たるみ毛穴、黒ずみ、シミ消し効果の体験談を、画像付きビフォア・アフターで紹介してます。30代後半(光線過敏症で敏感肌)痛み、赤み、かゆみのこと、美容皮膚科でのシワ、肝斑、肌荒れ改善も期待!隠す、引き締める毛穴ケア、下地、化粧水・美顔器も更新中です♪

毛穴改善方法の種類(化粧品、エステ、レーザー、美顔器)について

更新日:

開き毛穴の悩みの解決方法ついていろいろと調べました。
さまざまな方法がある中で、一体何がいいのか?

一番手っ取り早いのは化粧品ですね。
さまざまなタイプの化粧品が出ています。

毛穴化粧品のタイプ

・オイルクレンジング
・シートタイプパック
・ジェルタイプパック
・酵素パウダースクラブ
・スクラブパウダー
・収斂(しゅうれん/引き締め)化粧水
・引き締め美容液
・引き締め効果のあるシートマスク

などなど。

ここでしっかりと改善しない場合、次に検討するのは、エステでしょうか。エステは大手から個人経営のエステまで、本当に沢山の種類が日本中にあります。エステメニューの中でも、求める結果によってコースを選ぶとよいと思います。

毛穴エステのタイプ

・毛穴引き締めコース
・リフトアップコース(肌のたるみが原因で起こる毛穴悩みに有効)
・美肌コース

など、いろいろなコースがありますが、毛穴が悩みと伝えて適切なコースを紹介してもらうとよいと思います。エステサロンにある毛穴メニューで使用される機械は以下のようなものがあります。

エステで使う毛穴機械

・ラジオ波
・パーミエーション(手では再現できない細やかな振動によるパッティングで」化粧品の有効成分の浸透を助ける)
・スクライバー(超音波振動で毛穴に詰まった角質・皮脂詰まりを除去する)
・メニバキューム(吸引し汚れを除去する)
・リシデルム(イオンの力で化粧品の有効成分を浸透させる)

エステサロンでもどうしても効果が得られないとなると、次に検討に入ってくるのが「美容外科」だと思います。美容外科で毛穴というと一番最初に最初に浮かんでくるのがピーリングではないでしょうか。ピーリングが有効な毛穴タイプとそうでない毛穴タイプがあります。

その次は、フラクショナルレーザーですね。
一般的に毛穴に有効と思われているのがこの2つだと思います。

そのほか、いろいろ調べたところ、レーザートーニングは、シミや肝斑に有効な治療とされていますが、肌の奥深くに働きかける関係で、毛穴やたるみなどにも同時に効果が発揮されるということがわかり、最近では毛穴治療でカウンセリングに行ってもレーザートーニングを勧められること多くなっています。

毛穴だけにダイレクトに働きかけるなら、フラクショナルレーザーがよいのですが、ダウンタイムが長いという難点があります。その点、レーザートーニングが勧められる理由の一番は、ダウンタイムがほぼないということです。私も一押しの治療はレーザートーニングです。

そのほか、最新のレーザートーニングの機械として「ピコ」というものがあります。
主流だったレーザートーニングより細かい単位の光なので、ダウンタイムがとても少ないです。

この「ピコ」にはトーニングだけではなくフラクショナルもあります。こちらもダウンタイムがとにかく少なく、一般的なCO2フラクショナルに比べてより手が出しやすくなってくると思われます。

まだ取り扱っている医療機関は少ないですが、今後主流になってくることでしょう。

そして、もうひとつの選択肢が美顔器です。美顔器は、ローラータイプのものから、機器のもの、価格の安いものから高いものまでさまざまあります。やはり口コミの多いものから見ていきました。

ローラータイプでは、なんといっても一番知名度が高く人気の高いものは、「Re:fa(リファ)」です。こちらもフェイス用や、ボディ用などさまざまありますが、電力も使用せずどこでも気軽にコロコロできるにもかかわらず効果が高いと大人気です。毎日継続して使用していくことで美肌になっていくというものです。

電気機器



まだまだ沢山ありますが、このような種類があります。それぞれの特徴を確認しながら、自分に一番合った美顔器を見つけ、継続的に使用することが美肌を保つためにとても大切です。

美容外科や、エステと美顔器のホームエステをうまく組み合わせて、効率よく毛穴をなくして美肌を目指しましょ!




おすすめ記事

-毛穴に関する悩み
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© つるんとNAVI , 2019 AllRights Reserved.