つるんとNAVI

フォトrf、ピコレーザー治療後の毛穴の開き、たるみ毛穴、黒ずみ、シミ消し効果の体験談を、画像付きビフォア・アフターで紹介してます。30代後半(光線過敏症で敏感肌)痛み、赤み、かゆみのこと、美容皮膚科でのシワ、肝斑、肌荒れ改善も期待!隠す、引き締める毛穴ケア、下地、化粧水・美顔器も更新中です♪

毛穴の開き・たるみ改善になぜレーザートーニングが効果的なの?

更新日:

中学時代のニキビ肌に始まり、毛穴の開きが気になっていた私が、30代になってなぜレーザートーニングを選んだか。

ニキビ肌で悩んでいた私ですが、20代半ばになってニキビがなくなってから急に気になりだした毛穴。とはいえ、そこまで沢山お金も使えないので、化粧品等をいろいろと試しました。

化粧品は、薬事法の制限の下、できる限り有効な成分を入れていますし、効果もあります。化粧品によって評価はまちまちで、どんな化粧品でも一定量「効果がない」という口コミが入っていると思います。

それは、個人個人の相性だったり、使用方法の違いや、使用期間による違いなどもありますので、本当に自分で使用してみるしかありません。しかもひとつの化粧品を使用し始めて、たいてい2本目くらい使用して初めて実感がある、というものがほとんどです。

時間をかけていろいろな製品を試し、効果があるもの、効果があまりわからないものなど沢山ありました。そうやっていろいろと試しているうちに、「やっぱり劇的な改善をしたい」という思いが強くなりました。そこで、ついに「医療」という分野、「美容外科」「美容皮膚科」にでレーザー治療を決意!!

私の一番改善したいポイントはズバリ「毛穴」!!!
毛穴毛穴毛穴!!

シミやしわ、たるみなどももちろんあるのですが、ぜんぜんそこは気にしていなくて、とにかく「毛穴」のことだけを考えていました。
(治療を始める前まではです・・・今はトータルで治療すべきということがわかっているのですが)

そこでクリニックへ無料カウンセリングに行きました。最初に行ったクリニックで悩みを伝えたところ、一番最初に勧められたのがレーザートーニングでした。レーザートーニングは、そもそもシミや肝斑(かんぱん)向けの治療だと思っていたので、毛穴なのに?と思いました。

レーザートーニングの主な機械には、メドライトC6(J-MEC社)というものと、スペクトラ(ルートロニック社)というものがあります。

いずれも、QスイッチYAGレーザーという1064nmの波長でレーザーを照射できるというものです。
2つの違いは、メーカーの違いで、メドライトというものはアメリカ製、スペクトラは韓国製です。

従来のレーザーはガウシャン型と呼ばれる照射法で、レーザーが当たる部位の中央部に最も強いパワーが生じ、周辺部は弱いパワーが生じます。普通のシミだとこの方法でメラニン色素を破壊し、しみを薄くすることができるのですが、肝斑の場合はレーザーを当てることでメラノサイトが活性化され悪化してしまうことがあり、レーザー治療を行えませんでした。

レーザートーニングでは、トップハット型と呼ばれる肝斑に刺激を与えにくいレーザーです。広い範囲に均一に非常に弱いレーザーを当て、メラニンを刺激せずに治療を行うことができるという画期的な治療方法です。

また、毛穴で悩む私にうれしい効果として、長い波長を持ち合わせているため、皮膚深部(真皮上層)にまでレーザー光線が届き、コラーゲンの生成を促します。そのため、肝斑を含むシミ以外にも、ほうれい線、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などに効果がありリフトアップ効果も得られるという大変優秀な機械です

また、表皮にたまったメラニンを少しずつ破壊しますので、ソバカスにも有効、また、肌全体のトーンを明るくし、色ムラのない美しい肌を実現することが可能です。

治療回数を重ねる毎に、 透明感・ハリ感のあるキメの整ったお肌へと導きます。

そして、何よりもうれしいのが、フラクショナルレーザーなどに比べてダウンタイムがほとんどない事。メークは施術直後から可能です。そして麻酔なども不要です。

毛穴だけ治療して均一な肌になったとしても、今度はシミやしわが気になってきてしまうことでしょう。トータル的な美肌を目指すのには、レーザートーニングが良い!んです★




おすすめ記事

-毛穴に関する悩み
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© つるんとNAVI , 2019 AllRights Reserved.